世界に二つとない、走る応接室~カスタムメイドのロールス・ロイス~

走る応接室。正に当てはまりますよね。カスタムカーの魅力は、自分の注文が通ること。その分値段も張りますが、それが出来る立場の人間にとってはむしろやすとさえ言えるかも。遊び心も満載されていて、日本製の同等クラスの車の出現も有り得るかも。素直にそう信じたいです。